BSPC(高炉スラグ微粉末)

概要

一般的に高炉セメントは初期強度が低く、早期において強度を必要とするPC構造物に適用されることはほとんどありませんでした。
しかし、高炉スラグを微粉末にすることにより高強度特性、クリープ、乾燥収縮などの性質が改善されPC構造物への適用範囲が広がりました。
特に、高炉スラグ微粉末6000cm2/gをセメント質量比50%置き換えることにより、アルカリシリカ反応(ASR)、海からの飛来塩分(塩害)および凍結防止剤による劣化に対して優れた耐久性を持つPC構造物をつくることができます。

  • 本技術はNETISに登録されていました。(旧登録番号QS-980177-V)
  • 平成12年にBSPC研究会(高炉スラグ微粉末を用いた高耐久性PC構造物研究会)を設立し、 活動しています。


概要

PDFはこちらから

pagetop