自動緊張管理システム

PC構造物における導入緊張力を計測機器を使用してパソコンで集中管理するシステムです。従来の緊張力の管理は、圧力計マノメータの目視確認と、鋼材伸び量のスケール等での目視計測で行われています。本システムではこれらの目視計測を自動化し直接パソコンへ計測データを入力することにより、データ精度の向上と作業時間の短縮化を図ることが可能です。パソコンに入力されたデータを専用の管理ソフトに取り込むことにより、リアルタイムで導入緊張力の管理を行います。 本システムには、計測データの通信に接続ケーブルを用いた有線タイプと、無線通信機器を用いた無線タイプがあります。無線化により現場での配線作業が無くなることで、容易でスピーディーな機器の設置が可能となります。

pagetop