技術系

河野 雅弘 技術系社員 何十年間もその地域の水道を支えていく物であるというところに誇りを感じます。

現在の仕事について教えて下さい。

岐阜市にある本社で、PCタンクの設計や解析、照査などを担当しています。最近では主にPCタンクに覆い被せられるアルミ製のドーム屋根の検討を行っています。弊社のアルミドームは海外の製品を使用しますので、その図面の翻訳作業もしています。そのほかに、新しく開発した製品について実験したことの論文を書いて、発表するなどの業務も行っています。

これまで携わってきた仕事について教えて下さい。

入社して、1年間ほどPCタンクの施工管理に従事しました。どのような工程でPCタンクが造られていくのかを実際に見ることで、現場をイメージできるようになり、ここでの経験は今の設計業務に非常に役に立っています。他にも、PCタンクに関係する論文を数編、学会へ投稿・発表しました。

仕事の特徴を教えて下さい。

自分が書いた図面の絵が実物になっていくという特長があります。また、事業体の求める構造物は1つ1つ形状が異なっており、地域にあわせて設計する必要があります。中には豪雪地域や強風地域など荷重条件が厳しい物件がありますが、その地域の特色があり、それが面白いところでもあります。

自分の成長を感じたり仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。  

解析ソフトの使い方などを覚えて使いこなせるようになったときなど、業務の幅が増えたときに成長を感じます。また、自分が関わったタンクが無事に完成したときは、とてもうれしく思います。PCタンクは水道施設に多く採用されており、多くの人々の生活に役に立っていることに誇りを感じます。

学生さんへメッセージをお願いします。

弊社はPCタンクのパイオニアであり、日本での施工実績NO.1と大きな強みを持った会社です。そのNO.1の技術力やノウハウを習得でき、非常に恵まれている環境だと思います。後世まで残り、多くの人々の暮らしに役立つPC構造物を、私たちと一緒に造っていきませんか?ものづくりが好きな方、多くの人々の役に立つ仕事がしたい方にぴったりだと思います。



pagetop