工場

近藤 祐貴 製造系社員 大勢で一つの製品を作り上げるのが醍醐味

現在の仕事について教えて下さい。

私は、全国にある5工場で一番北に位置する福島県の須賀川工場で製造課に所属しています。主な仕事は、プレストレストコンクリート製品のうち、プレテンション方式の橋げたの製造管理をしています。具体的には、安全や製造工程の管理のほか、製品を製造するための材料手配、資料作成などを行っています。

これまで携わってきた仕事について教えて下さい。

入社して1年半になりますが、関東・東北地方に新しく造られる道路橋のプレテンション方式橋げたを製造する業務に携わっています。これらの多くは、国・県・市町村から発注される工事で、地図上に刻まれていく仕事が出来ます。他にも、プレテンション方式で製造される薄いコンクリート板や、防音壁などの鉄筋コンクリート製品など多種多様な製品製造にも携われます。

仕事の特徴を教えて下さい。

土木工事で扱う構造物は、大規模な工事となり公共性が高く、完成時には多くの人が利用することになります。私が担当した製品が現場へ運ばれ道路橋として完成したのを見ると、感動と充実感で満たされます。その為にも、工場製品を決められた期日までに納めるための工程調整や、顧客の要求・要望に応える製品づくりなど、日々の仕事に一生懸命取り組んでいます。

自分の成長を感じたり仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。  

物件を任せてもらった時、または完成時に成長を感じます。まだまだ先輩や協力会社の方々にお世話になっている状況ですが、分からないことがあるから成長できるとポジティブに考えています。 大勢で一つの製品を作り上げるのが醍醐味であり、そこにやりがいを感じます。

学生さんへメッセージをお願いします。

社会人になって大切なことは、積極的にあいさつすることや分からないことは質問するなど小学校で教えられたことが根本にあると思います。大変なこともありますが、それ以上に楽しいことや充実感を得られます。是非、何事も楽しむチャレンジをしてみて下さい。楽しい人生になることを願っています。



pagetop